バックストレート走行中

ジョギングやロードバイクの話題を中心としたダイアリー

ランナーあるある みんな大好きシューズのソールチェック

ランナーの人たちはみな自分のランニングシューズのソールをチェックするの好きですよね。私は大好きです。走り方やフォームによってソールの減り方は人それぞれだと思います。その人の走り方を暗に示してくれるのがソールの減り具合でもあります。

こちらは本日の帰宅ランを終えて合計350kmを走ったあとのNew Balance HANZO U(2018年秋冬モデル)

ハンゾーUのソール

ハンゾーUのソール2

10月に購入して初めて履いてから今日でちょうど2か月が経過しました。トレイルで70~80km、ロードで270~280km走ったあとの減り具合です。相変わらず左足の踵外側と右足の外側の減りが目立ちます。自分の着地の特性からこれはどのシューズ履いても同じです。

減り具合ですが印象としてはまぁこんなもんかなぁと。他のシューズに比べて減りが早くもないし耐久性があるとも感じないです。もともとラグは深くないのでラグが減ってもグリップに大きな影響がある訳ではないです(もともとグリップ性能は低いので)。シューズ自体の特徴はスピードよりもクッション性能や長距離走などに適したモデルですが、その特徴は履き始めから保ったままだと思います。

個人的にはかかと周りのホールド感がしっかりしているのでロードよりも不整地でのランニングにとても適している印象があります。今は通勤(帰宅ラン)と岩のゴツゴツしていないトレイルで主に履いてますがクロカンなどのコースにも適している気がします。なによりも横幅がDから2E、4Eという幅広のモデルまであるので足幅が広い人には良いモデルだと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村